[還元率1%超え]JALカード以外でJALマイルが貯まりやすいクレカランキングTOP3!マイル還元率から徹底解説

PR この記事には広告が含まれます

JALマイル貯め方

突然ですが、「JALマイルが貯まりやすいクレカ=JALカード」と思っていませんか?

確かにJALカードはJALマイルが貯まりやすいのですが、JALカードよりもさらに貯まるクレジットカードがあります。

クレジットカードによっては、最大2%超えの還元率でJALマイルを貯めることもできるのです。

この記事を見てもらえると、

  • 最大2%超えのマイル還元率のクレジットカードがわかる
  • JALカードと還元率2%超えのクレカの使い分け方がわかる

このようなことがわかります。

それでは解説していきましょう。

スポンサーリンク

今回紹介するカードの基準

今回紹介するカードはJALカードよりもマイルの還元率が上がるものだけを紹介しています。

本来貯めるべきJALが発行しているクレカが1%のマイル還元率なので、それと同じ還元率では作る意味がないですよね。

基本的にクレカの選考基準としても、マイルに交換したときの還元率が1%以上かどうかでふるいにかけると、作るべきカードがかなり厳選されていきます。

JALマイル還元率が1%よりも高いものを紹介していきます。

JALマイルが貯まりやすいクレジットカードTOP3

さて、それでは早速、JALマイルが貯まりやすいクレカランキングを発表します。

それがこちらです。

  1. セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード JALマイル還元率最大2.1%
  2. SPGアメックスカード JALマイル還元率最大1.25%
  3. セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード JALマイル還元率最大1.15%

参考:JALカード JALマイル還元率最大1%

このようになりました!

それぞれ見ていきましょう。

第1位 セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード

SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital

堂々の一位は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードです!

このカードはQUICPayを利用することで、最大2.1%の還元率を実現することができます。

残念ながら、通常のクレジット利用では2.1%にはなりません。

最大2.1%の内訳ですが、

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、QUICPayを利用することで3%相当の永久不滅ポイントが付与されます。

それに加えて、セゾンクラッセと呼ばれるセゾンカードのステイタスみたいな階級を6まで上げると、

さらにプラスで0.5%相当の永久不滅ポイントが付与されるのです。

そのため、永久不滅ポイントの還元としては3.5%と、こちらもほぼ最強レベルまで行きます。

そして、永久不滅ポイントからJALマイルへの交換ですが、これはJALマイル交換増量キャンペーン中に行います。

この期間中に交換すれば、1ポイント5円相当の永久不滅ポイントを

1ポイント3JALマイル

つまり5円相当が3マイルなので60%の交換率で交換することができるわけです。

そのため、最終的な還元率は、

3.5%×0.6=2.1%となるわけです。

正直マイルの還元率で2%を超えるものはみたことがありませんので、この威力は絶大ですよ。

マイラーなら確実に持っておきたい一枚です!

さらに詳しい解説をこちらの記事で解説していますので、気になった方はぜひご覧ください!

気になった方はぜひ確認してみてください!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

第2位 SPGアメックスカード

純粋なクレジットカード利用による還元率はSPGアメックスカードが最大です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはQUICPay利用に限定されていましたが、

こちらのカードでは、クレジットカードとして利用したときでも還元率が最大になります。

通常のカード利用では100円につきJALマイル1マイル相当のマリオットポイント3ポイントが付与されるのですが、

このカードの特徴として、マリオットポイントを60000ポイントまで貯めることで、交換できるマイルが増量するのです。

60000ポイントを25000マイルに交換できるので、

100円あたりに付与されるマイルは1.25マイルということになり、

最大の還元率は1.25%です。

公共料金等のクレジットカードでしか払えない料金でも1.25%の還元率になるので、

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードと組み合わせることで最強の還元率を叩き出すことができそうです。

第3位 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

1位と同じような名前のクレジットカードですが、実は同じカード会社が出しているのが

このセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードです。

パールよりゴールドのほうが上のように感じますよね。

もちろんそうです。ゴールドカードのほうが格が上です。

それではなぜこっちのほうが格が上なのに順位がセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードより低いかと言うと、

QUICPay3%還元が影響しています。

QUICPayの3%還元は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード限定の特典なのです。

そのため、こちらのカードでは最大2.1%とはならないのですが、それでもJALカードを超える還元率を出すことができるので、解説していきます。

還元率最大1.15%になるポイント セゾンマイルクラブに加入

年会費4400円がかかるのですが、セゾンマイルクラブと呼ばれる

JALマイルを貯めることに特化したものに加入すると、

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを利用したときにJALマイルが貯まるようになります。

JALマイルの貯まり方は1000円利用につき10マイルなので、この時点で1%の還元率があります。

さらに、セゾンマイルクラブでは、これに加えて2000円利用ごとに1ポイントの永久不滅ポイントが付与されるのです。

この永久不滅ポイントを、JALマイルの増量期間中に交換すれば、

最大1.15%のJALマイル還元を実現することが可能になります。

還元率はJALカードと比較して0.15%の差ですが、数年使い続ければ段々と大きな差になっていきます。

還元率の差でどれだけマイルの差ができるか

さて、この還元率の違いによりもらえるマイルの違いがどれくらいできるかみていくことにしましょう。

一般的な成人の1年あたりの平均クレジットカード利用額は60万円ほどと言われています。

その60万円をこれらの高還元カードに変えることでどれだけ差ができるでしょうか?

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード 年間3300マイルの差

1位のセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードについては、QUICPayの利用に限定されてしまうので、60万円全てを置き換えられるわけではないので、 

利用額の50%を置き換えられたと仮定しましょう。

JALカードでの利用との差は1.1%で、30万円分利用すると、

年間で3300マイルの違いが出ることになります。

JALのどこかにマイルであれば、片道分のマイルをまかなえたことになります。

これだけでも大きな違いですね。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

SPGアメックスカード 年間1500マイルの差

このカードは通常利用でも1.25%の還元率になるので、

60万円全てをSPGアメックスに変えたとしましょう。

JALカードとの還元率の差は0.25%なので、60万円利用すると、

年間1500マイルの差がでることになります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードほどではないですが、こちらも大きく差ができることになりますね。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 年間900マイルの差

最後にセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを見ていきましょう。

JALカードとの還元率の差は、0.15%なので、

年間で貯まるマイルは900マイルの差が出ることになります。

900マイルでも大きな違いです。マイルは貯まれば貯まるほど旅行に行きやすくなりますからね。

すべてアメックスだが審査が通りにくい?

今回紹介した3つのクレカですが、全てアメックスと書いてあるのがおわかりかと思います。

アメックスと聞くと審査が通りにくそうな印象を受けるかと思います。

実際に第2位で紹介したSPGアメックスは審査が厳しいのですが、

1位、3位で紹介しているセゾンアメックスシリーズは、

こちらはそこまで審査が厳しくありません。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードであれば学生でも余裕で審査に通りますし、

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード学生で審査に通ったという情報を頂いています。

アメックスという名前を持っていますが、実際にこのカードを発行しているのはアメックスではなく、セゾンカードを発行するクレディセゾンです。

一般的に審査が厳しいと言われているアメックスは、アメリカにあるアメリカン・エキスプレス社が発行しているカードになります。

2位のSPGアメックスはアメックス社が発行しているので、必然的に審査が厳しくなるのです。

セゾンアメックスについては、学生だから、アメックスだからと躊躇せずに

発行手続きをしてみることをおすすめします。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、一瞬で審査が終わります。

QUICPayの利用は遅くとも1時間程度でできるようになるので非常におすすめですよ。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

JALカードが悪いわけではない

今回は、JALカードよりも還元率の高いクレカということで3つ紹介してきましたが、

もちろんJALカードが悪いと言っているわけではありません。

むしろ、JALカードがあることによるメリットはかなり多いです。

例えば、JALの航空券を予約するときなど、JALカードで支払えば2%のマイルが付与されます。

他にもJALカードはJMB WAONを利用したときの還元率が1.5%になったり、

JALの飛行機を利用するときの航空券代わりになったりと、

JALカードはJALを利用する人の必携アイテムであることには変わりません。

JALカードとこれらの高還元カードの両方をうまく使い分けるとさらにマイルが貯まりやすくなるでしょう。

あくまでも今回の趣旨は、日常の支払いで還元率を少しでも上げるということを焦点に当てています。

まとめ:少しでも還元率の高いクレカでマイルをもっと貯めよう

今回は、日常的なクレカの支払いでマイルをもっと貯める方法について解説してきました。

いま現状として、JALマイル還元率がJALカードを超えるものは非常に少ないですが、

今回紹介したような優秀なカードも存在しています。

日常の支払いは無意識にマイルを貯める第一の方法です。

いつも使っているJALカードなどもこれらのクレカに目を向けるともっとマイルが貯まりやすくなるかもしれません。

いつも使っているクレカを見直してもっとマイルを貯めていきましょう。

それでは今回もありがとうございました!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

コメント ご意見、間違いなどありましたらコメントをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました