マイルが貯まるQRコード決済はどれ?マイル貯めるQRコード決済の最適解はどれか徹底比較

PR この記事には広告が含まれます

最近では、QRコード決済のブームとも言えるほどたくさんのサービスが普及し、さまざまなお店で利用できるようになってきました。

PayPayやau PAYなど、その種類は多岐にわたっています。

最近ではなんとかペイという名前が増えすぎてなんのこったと思っている方も多いでしょう。

この記事を見てもらえれば、

  • QRコード決済の種類がわかる
  • 自分が使うべき決済方法を比較することができる

このようなことがわかります。

今回は主要なQRコード決済について、チャージ方法、ポイント付与についてまとめています。

それでは解説していきましょう。

スポンサーリンク

QRコード決済とは?スマホでお金を払えるようになった!

QRコード決済とは、文字通りQRコードを使って支払いをするものです。

スマホアプリでQRコードやバーコードを出して読み取ってもらったり、店のQRコードを読み取ったりすることで支払いをすることができます。

なぜQRコード決済を使うかと言うと、

  • 財布を出さなくても支払うことができる
  • ポイントがつく

こんな理由がありますね。

ここから先では、主要な支払手段である、

  • PayPay
  • au PAY
  • d払い

についてそれぞれ、チャージ方法やポイント付与などの面から解説しています。

これが気になるというものがあれば、目次から飛んでみてみてください。

また、チャージ方法については、いずれもキャリア決済が使えることがありますが、ここでは記載していませんので、ご了承ください。

PayPay

みんな大好きペイペイです。今一番使われているQRコード決済ですね。

最近ではクレジットカードは使えないけどPayPayだけは使えるって店もよく見かけます。

最大の特徴として、加盟店が非常に多いことがあります。

PayPayさえあれば日本ではクレジットカードが要らなくなる可能性もありえます。

さて、解説していきましょう。

チャージ方法

PayPayは、主なチャージ方法として、

  1. 銀行口座からの引き落としでチャージ
  2. Yahoo!カードを利用して残高にチャージ
  3. Yahoo!カード以外のクレジットカードやプリペイドカードを紐付けして直接利用

①銀行口座からの引き落としでチャージ

これがもっとも主流なやり方だと思います。

自分の持っている口座などを指定して登録すれば、チャージは数秒でできます。

チャージした瞬間に銀行口座から引かれるので、通帳などにどんどん記帳が増えるのがいやな人には不向きだと言えます。

また、設定できる銀行口座はたくさんあるように見えるのですが、実はほとんどがメガバンクまたは地方銀行で、ネット銀行で使えるものが圧倒的に少ないです。

今存在するものではPayPay銀行や住信SBIネット銀行なら利用することができますが、

メイン銀行として人気の楽天銀行や、最大0.2%の高金利ができるようになったauじぶん銀行は使うことができません。

ネット銀行には独自の経済圏が存在しているものが多く、それが原因なのかもしれません。

せっかく使える店が多いので使える銀行も増やしてほしいものです。

②Yahoo!カードを利用して残高にチャージ

チャージ元が銀行ではなく、クレジットカードになるだけのちがいです。

クレジットカードでチャージするならその分ポイントがつきそうな感じがしますが、

チャージしてもポイントつきません。

それなら銀行チャージでよくない?と言いたいところでしょうが、

その通りです。普通に銀行チャージでいいです。

もうじきカードの名前がPayPayカードに改称されるので、特典も変更になるかもしれませんが、今のところわざわざカードをもつ意味はありません。

唯一メリットをあげるとすると、クレジットカードだと引き落とし日にまとめてチャージした金額が請求されるので、記帳が多くならないことですね。

③Yahoo!カード以外のクレジットカードやプリペイドカードを紐付けして直接利用

クレジットカードやプリペイドカードを設定すると、そのカードから直接金額を支払うことができるので、間接的にPayPayだけが使える店でもクレジットカードを使用することができます

①②では、チャージして支払いという流れでしたが、この方法では、使った金額がそのままカードの使用金額として引き落とされます。

一つ注意なのが、この方法では、PayPayが行っている超PayPay祭などのキャンペーン特典受けられないことです。

基本の0.5%も対象外ですし、20%付与などのキャンペーンも基本対象になりません。

PayPayクーポンは対象になりますが、対象外のものが多いです。

クレジットカードが使えなくて、PayPayだけ使えるお店でクレジットカードを使いたいときにはこの方法は有効と言えるでしょう。

ポイント付与

PayPayでは、基本的に0.5%相当のPayPayボーナスが付与されます。200円ごとに1円分付与されるということです。

また、①支払い回数が月で50回、②支払い金額が月で10万円

この条件をそれぞれ達成すると、還元率が0.5%ずつ上昇し、最大で1.5%になります。

2021年7月より条件が変更されます。

お知らせ - PayPayステップ
PayPayステップからのお知らせ

こちらのサイトに実際の条件が書いてあるため、参考になるでしょう。

しかしこれに関して言えるのは、

ぶっちゃけほとんどの人には達成できない

ことです。

さらに言えるのは、

PayPayボーナスは他のポイントに交換できず、1円の価値にしかならないことです。

他のポイントはマイルに変えることで価値が上がることがありますが、これに関してはどう頑張っても1円にしかなりません。

そのため、200円ごとに1円というのがほとんどです。

還元率の観点ではPayPayはおすすめできないですね。

au PAY

名前からしてauユーザーしか使えないように感じるかもしれませんが、

誰でも使えます。

結論を言ってしまうと、個人的に誰でも使えて本当にお得なQR決済はau PAYだと思っています

チャージ方法

一番いいと言っておいていきなりこんなことを書くのもなんですが、

au PAYのデメリットとして、チャージがわかりづらいことがあります。

手段はPayPayよりたくさんあるのですが、そのせいでかえってわかりづらくなっている印象です。

主な手段としては以下があります。

  1. クレジットカードでチャージ
  2. ローソン銀行、セブン銀行から現金でチャージ
  3. au PAYカードからチャージ
  4. auじぶん銀行やその他の銀行からチャージ
  5. (au、UQモバイル限定)auかんたん決済でのチャージ

これ以外はあまり実用的ではないので記載していません。ひとつずつ解説していきましょう。

クレジットカードからチャージ

au PAYはクレジットカードからチャージした残高で支払っても、au PAYのポイント(Pontaポイント)が得られます。

しかし、この手段にも難点があり、チャージ可能なクレジットカードが限定されていて使えないことがあります。

(auPAYのアプリより)

こちらの画像を見てもらえるとわかりやすいのですが、VISA JCBブランドのクレジットカードでは使えるカードがかなり限定されています。

例えば、三井住友VISAカードが対象にならなかったりします。つまり、ANAカードなどもVISAだと使えないということです。

ちなみに僕がよく利用しているJALカードは、

チャージこそできるのですが、チャージで利用したときはマイルが付きません。

実はよく調べてみると、クレジットカードでチャージしてもポイントがつくカードが少なからずあるようで、こちらの記事で解説しています。

ローソン銀行、セブン銀行から現金でチャージ

ローソン、またはセブンイレブンの銀行ATMを使って現金を投入し、チャージすることができます。

しかしここでまた一つ難点があり、

ローソン銀行ATMでは今現在、QRコード決済のチャージに対応したATMがあまり普及していないようで、au PAYにチャージできないATMが存在します。

ローソンに行ってみて、画面左側にスマホ取引という項目がないとチャージができないので気をつけてください。

失敗せず確実にチャージしたいなら、セブンイレブンにいきましょう。

au PAYカードからチャージ

au PAYカードから金額を指定してチャージをすることができます。

個人的にはそこまで悪い手段でもないと思っていて、この方法だと、au PAYカードの利用で1%のPontaポイントが付与されるというメリットがあります。

au PAYカードでチャージして残高で支払うと、最大1.5%のPontaポイントが還元されることになります。

他のクレジットカードでは、チャージでポイントがつかないことが多いので、普段au PAYを利用したいなら検討の余地はあるのではないでしょうか?

auじぶん銀行やその他の銀行からチャージ

auじぶん銀行という銀行からチャージをすることもできます。

auじぶん銀行は、au PAY、auカブコム証券、au PAYカードを連携させることで最大0.2%の金利を受けることができるのでかなりおすすめできます。

さらに、auじぶん銀行では、銀行口座からチャージした残高を自動的に銀行口座にスライドすることができるので、余計な残高をau PAYに残す心配がありません。

その他の銀行からもチャージすることができますが、そもそも銀行の候補が少ないですし、自動払い出しもできないのであまりおすすめはできません。

(au、UQモバイル限定)auかんたん決済でのチャージ

au、UQモバイル限定ではありますが、auかんたん決済というキャリア決済を用いてチャージをすることも可能です。

こちらの場合、ほとんどの場合クレジットカードで支払うことになりますが、クレジットカードによってはポイントが付かないことがあります。

JALカードの場合は対象外なので、使っているカードがポイント付与の対象か調べておく必要がありそうです。

ポイント付与

au PAY の最大のメリットはここにあって、

200円につき1ポイントのPontaポイント

が付与されます。

Pontaポイントは2ポイントを1JALマイルに交換できるので、ポイントとしての価値が非常に高いです。

キャンペーンなどでポイント20%還元なんてことも年度末によくあるのですが、それも全てPontaポイントで還元されるので、

マイルの使い方によってはどれだけ使っても元が取れることもありえます。

単純計算で1ポイント5円分の価値を出せると元がとれますね。

特典航空券だとそれがあり得るんですね。

これがあるので au PAY はキャンペーンなどを積極的に調べてよく利用しています。

d払い

これもまた、ドコモユーザーしか利用できないと思われがちですが、誰でも使えます。

しかし、ポイントの観点からするとd払いはちょっと微妙かなと思っています。

解説していきましょう。

チャージ方法

少し前、ドコモ口座の問題がニュースとなっていて、現在でも使える口座はかなり限られています。チャージ方法は以下の通りです。

  1. セブン銀行ATMから現金チャージ
  2. 銀行口座からチャージ(使える口座まだ少ない)
  3. コンビニのレジでチャージする

かなり限定的ですね。au PAYよりやりづらいかもしれないです。

①セブン銀行ATMからチャージ

なぜかセブンイレブンだけATMでチャージできます。一番これが楽なやり方じゃないかなと思います。

②銀行口座からチャージ(使える口座まだ少ない)

正直めんどくさいわりに使える口座がまだまだ復活していないのでおすすめできません。

地方銀行は、福岡の銀行を除いてほとんど使えなくなっています。

謎に福岡に本社のある2つの銀行は復旧しています。

まだまだ全ての銀行が使えるまでには時間がかかると思うので、他の手段にすることをおすすめします。

③コンビニのレジでチャージする

コンビニのレジでお金を渡してチャージすることもできます。

この手段は、現金を払ってから残高に反映されるまで20分近くかかるので、いますぐに買い物したいのならセブンイレブンに行ったほうがいいです。

ポイント付与

d払いでは、200円につき1ポイントのdポイントが付与されます。

これに関しては他のサービスと同じですね。

マイルに交換するには5000ポイント必要になるので、d払いを多用してマイルを貯めるには少しハードルが高いでしょう。

d払いでも、20%付与などのキャンペーンを実施していますが、ここで付与されるdポイントは、期間・用途限定ポイントという別のポイントです。

マイルに交換できないポイントなので、20%付与されたところで1ポイントは1円にしかなりません。

さらに有効期限が短いので、ポイントを使うのに追われて無駄遣いしてしまう可能性も高まります。

ここが au PAYとの決定的な違いで、マイルを貯めるためには明らかにau PAYのほうがメリットが大きいと言えます。

マイルを貯めるためにd払いを始めるメリットは小さいです。

まとめ マイルを貯めるなら au PAY!

今回はQRコード決済について、よく利用される3つについて解説しました。

マイルを貯めてポイントの価値アップの考え方に賛同していただけるのなら、この3つの中では au PAY はとてつもなくメリットが大きいです。

明らかに一つだけサービス内容が良すぎるので、いずれ改悪されてしまう可能性はありますが、現状そんなことはないので、これからも使い続けたいと思っています。

マイルを貯めるための au PAYの活用方法について次回解説したいと思いますので、興味を持った方は次回も見てください!

それでは今回もありがとうございました!

コメント ご意見、間違いなどありましたらコメントをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました